心を打つ ー日本とアフリカを繋ぐ伝統ー 井上姉妹×Millogo Benoit

 リリース:2021.01.07イベントホール

心を打つ ー日本とアフリカを繋ぐ伝統ー 井上姉妹×Millogo Benoit

いつ:
2021年2月7日 @ 2:00 PM
2021-02-07T14:00:00+09:00
2021-02-07T14:15:00+09:00
どこで:
西宮市フレンテホール
連絡先:
西宮市フレンテホール
0798-32-8660

心を
-日本とアフリカを繋ぐ伝統-

●日時 2021年2月7日(日)OPEN 13:30 START 14:00
●会場 西宮市フレンテホール
●料金 〈前売〉一般3,000円 / 学生2,000円 〈当日〉一般3,500円 / 学生2,500円
※未就学児 膝上無料、座席の場合は学生無料となります。
●チケット予約 コチラから
〈Tel〉0798-33-9833 〈E-mail〉info@harmony-fields.com

井上姉妹
静かな激しさ、繊細なダイナミクス その音、二律背反
姉・朋美が9歳、妹・真澄が6歳の頃より、和太鼓と民謡舞踊を習い始める。大阪
を拠点とするプロ和太鼓チーム『打打打団 天鼓』に参加、国内外様々な公演にて
演奏。10代の頃からキャリアを積み重ね、2003年には伊藤多喜雄氏の踊り子として
紅白歌合戦にも出演。その後2017年より姉妹デュオ「和太鼓・民謡舞踊 井上姉妹」
として新たな旅を始める。 地元兵庫県西宮市を拠点に、全国各地で演奏活動を行う。
姉妹ならではの息の合った演奏と、力強く、しなやかな感性と表現が魅力。伝統と
革新が融合する和太鼓パフォーマンスと日本の文化を、世代を超え、もっと沢山の
人に、もっと世界に、 伝えたいという想いを胸に若手和太鼓プレイヤーとして、和太鼓
の可能性を常に追求している。

ミロゴ・ベノワ
ブルキナファソの伝統伝達者の家系に生まれ、5歳から父親の元でトーキング
ドラム「タマ」を習得。西アフリカの太鼓「ジャンベ」はもちろん、西アフリカの木琴
「バラフォン」、弦楽器である「ンゴニ」等あらゆる伝統楽器を奏でるマルチプレー
ヤー。伝統楽器を使って現代社会にメッセージを伝える作曲家。日本とブルキナを
行き来しながら活動中。

ページの先頭に戻る
© 日本管財・文化律灘・HA2B共同事業体